【スズキも発表】2016 全日本モトクロス選手権 国内4メーカーのワークスチーム体制


2016 MFJ全日本モトクロス選手権 開幕戦 九州大会をいよいよ今週末に控え、国内4メーカーではラストとなる、スズキの2016ワークスチーム体制がスズキ公式HPに公開されました。

開幕戦のエントリーリストで確認された方もいると思いますが、2016シーズンのTeam SUZUKI(チームスズキ)のチーム体制は、昨年と変わらずIA1クラスに小島 庸平選手と熱田 孝高選手の2名、IA2クラスには竹中 純矢選手の計3名で参戦。

マシンはファクトリー仕様のRM-Z450WSとRM-Z250WSで、こちらも昨年と同様です。

ここで改めて国内4メーカーの2016全日本モトクロス選手権 ワークスチーム体制をまとめておきます。(発表順、「※」は2016シーズンの新規加入選手)

◆ヤマハ / YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  • 平田 優 / YZ450FM
  • 三原 拓也 / YZ450FM ※

◆ホンダ / Team HRC

  • 成田 亮 / CRF450RW
  • 能塚 智寛 / CRF250RW ※

◆カワサキ / KRT

  • 新井 宏彰 / KX450F-SR
  • 田中 教世 / KX450F-SR ※

◆スズキ / Team SUZUKI

  • 小島 庸平 / RM-Z450WS
  • 熱田 孝高 / RM-Z450WS
  • 竹中 純矢 / RM-Z250WS

ということで2015シーズンと比べると、スズキ以外のチームは少なからず選手の入れ替わりがありました。

今年はこの中からチャンピオンが誕生するのか、はたまたワークス以外の選手がチャンピオンを獲得するのか、ファンとしては楽しみなところ。

2016 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズは今週末の4月3日(日)に熊本県のHSR九州でいよいよ開幕です!

関連ページ:

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で