ウエストン・パイク、2019シーズンもJGRスズキから参戦を継続へ


JGRスズキは9月5日、2019年シーズンのAMAスーパークロス、AMAモトクロスに向け、Weston Peick(ウエストン・パイク)との契約延長を発表。

既に発表されている2017 AMAスーパークロス 250SXウエスト王者 Justin Hill(ジャスティン・ヒル)の450ステップアップとあわせ、450クラスにはW・パイクとJ・ヒルの2名で参戦となる見通しです。

パイクは2018シーズン、AMAスーパークロスで総合6位、AMAモトクロスでは総合8位の成績。

AMAモトクロス最終戦にJGRスズキからスポット参戦を果たし、新加入がウワサされた#22 Chad Reed(チャド・リード)は…残念ながら今回の発表を通して、可能性は極めて低いとみて間違いないでしょう。

以下、リリースされたパイクのコメントを和訳。

「このパートナーシップを継続することに興奮している。チームは私が彼らと署名した最初の日以来、私の家族のような存在でした。このような素晴らしいグループの専門家に囲まれていることはすばらしい経験でした。私は来年の結果を改善し、スズキRM-Z450で別のシーズンを持つことを楽しみにしています。開発は非常にうまくいっており、我々はアナハイムスーパークロス戦に向けての試合に先んじるだろう」

 

 

関連ページ:

Photo:suzuki-racing.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で