カワサキ、2019年モデルの「KX450」「KX250」などを発表 – 油圧クラッチ、セルフスターターなど搭載


各メーカーから2019年モデルのモトクロッサーが続々と発表が続くなか、今度はKawasaki(カワサキ)から2019年モデルの「KX450」「KX250」などがリリースです。

これまで「KX450F」「KX250F」など、4ストロークエンジンのモデルには「F」の記載がありましたが、2019年モデルからはその「F」が省略され、「KX450」「KX250」とモデル名が変更されています。

2018年モデルから大きな変更があったのは「KX450」。

 

2019 KX450
2019 KX450

 

今年の全日本モトクロス選手権 開幕戦前から#2 小方 誠選手や#331 新井 宏彰選手のマシンで注目されていたように、セルフスターターや油圧クラッチが新たに搭載されています。

 

2019 KX450
2019 KX450
2019 KX450

 

またエンジンやサスペンション、フレーム、ブレーキなど、細部に至るまで改良がなされています。

USカワサキの製品ページで確認できた販売価格は 9,299ドル(日本円でおよそ103万円)。

ちなみに2018年モデルのKX450Fが8,849ドル(日本円でおよそ97万円)でした。

 

2019 KX450

2019 KX450
2019 KX450
2019 KX450

2019 KX450
2019 KX450

 

リリースに合わせて、多数のビデオもアップされていましたので、以下に貼り付けておきます。

国内向けのリリースがありましたら、改めて詳細をアップしていく予定です。

取り急ぎ、USカワサキのHPから2019年モデルの詳細をチェックできます。

▼New KX450 Product Introduction

▼2019 Kawasaki KX450 | Next Level

▼2019 Kawasaki KX450 | Passing

▼2019 Kawasaki KX450 | Quicker Lap Times

▼2019 Kawasaki KX450 | Holeshot

Photo:kawasaki.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で