クリスチャン・クレイグの代役フル参戦を発表、シーズン残りは全て450SX参戦へ


#94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)の負傷欠場に加えて、#14 Cole Seely(コール・シーリー)の負傷により、昨年と同様にTeam Honda HRCの代役ライダーに抜擢されたGEICO Honda(ガイコ・ホンダ)の#48 Christian Craig(クリスチャン・クレイグ)に新情報です。

第9戦 アトランタ前に発表されたリリースでは、当初はアトランタと第10戦 デイトナの2戦のみ代役出場とのことでしたが、3月8日にツイートされたHonda公式ツイッターアカウントでは、シーズン残り全戦をファクトリー仕様のCRF450Rとともに450SXへ参戦することを発表。

 

 

クレイグのSNSでは、これに呼応するように感謝の意が表されています。

 

今シーズン初の450SX参戦となった第9戦 アトランタでは、レース1でホールショットを獲得。

Hondaチームスタッフの期待を上回るパフォーマンスだったようですが、レース前に450に乗ったのは2日ほどのみ、というから驚きです。

2018シーズンのAMAスーパークロスは全17戦あり、今週末のデイトナラウンドを含めて残り8戦あります。

代役フル参戦に切り替わったクレイグの活躍に、今週末から再注目でしょう!

関連ページ:

Photo:hondaracingcorporation.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で