ケン・ロクスン – 2007年(当時13歳)の450マシン レースビデオ


2017 AMAスーパークロス 第3戦 アナハイム2で起きた転倒により、現在は負傷療養中の#94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)。

転倒を喫してから現在のAMAモトクロスまで、依然として欠場が続いているロクスンですが、2018シーズンのAMAスーパークロス開幕戦が復帰戦との見方が強く、最近になってようやくマシンを使ったトレーニングを再開しています。

そんなロクスンの、2007年に撮影された貴重なビデオを発見!

2007年というと、ロクスンは当時13歳!

しかも乗っているのは450ccのモトクロッサー!

「13歳」と「450 モトクロッサー」という組み合わせを想像するだけでアンバランスな気がしてなりませんが、そこはなんといってもケン・ロクスン!

一人だけ小柄な体格に違和感を感じながらも、そのライディングは圧巻の一言!

レースでもぶっちぎっている様子です(笑)

1994年生まれで現在23歳のロクスン。まだまだ先があるライダー。

一日も早い復帰レースを楽しみに待ちたいと思います!

▼Ken Roczen Racing 450 At Age 13

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で