コール・シーリーのクラッシュシーン及び負傷状態 – 2018 AMA-SX Rd.8 タンパ


2月24日(土)にフロリダ州のレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催された、2018 AMAスーパークロス 第8戦 タンパにおいて、メインイベント(決勝レース)を欠場した Team Honda HRC の#14 Cole Seely(コール・シーリー)。

メインイベントに先駆けておこなわれるヒートレース(ヒート 2)において、ジャンプの着地に失敗し、そのまま前転する大クラッシュとなりました。

そのクラッシュシーンのビデオがこちら。

▼Cole Seely Crash Tampa Supercross Round 8 2018

 

ビデオからは、クラッシュ後はシーリー自ら動くことができず、赤十字フラッグに加えて赤旗までもが振られ、このクラッシュのダメージの大きさが分かります。

レース終了後には、Honda 公式のツイッターアカウントにおいて、以下のようなツイートがありました。

翻訳すると、地元の病院で診断を受けた結果、骨盤と尾骨の骨折が確認されたとのこと。

当日の夜には手術を受ける旨の記載もありましたが、詳細は間もなくリリースされる見込みです。

また、チームメイトの#94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)が第6戦 サンディエゴでのクラッシュにより負傷欠場中で、回復には6~8週間ほどかかる見込み。

不運が続くTeam Honda HRC は、しばらくの間はファクトリーライダー不在の状態が続くことが予想され、昨シーズンと同様に#32 Christian Craig(クリスチャン・クレイグ)らの代役参戦もあると思われます。

コール・シーリーの早期回復を願います。

関連ページ:

Photo:hondaracingcorporation.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で