スズキ – 2018 全日本モトクロス選手権へのファクトリー参戦休止を発表


2017 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ 最終戦を終えた翌日に、スズキから早くも2018シーズンの体制が発表されています。

以下、発表されたレースリリースより。


モトクロス世界選手権及び全日本モトクロス選手権 参戦活動について

スズキ株式会社は2018年のモトクロス世界選手権(以下、MXGP)及び全日本モトクロス選手権(以下、全日本MX)におけるファクトリー体制での参戦を休止することといたしました。

二輪事業における活動見直しを行い、選択と集中をする中で、MXGP及び全日本MX参戦を休止することを決定させて頂きました。

尚、市販レーサーRM-Z450及びRM-Z250の開発、販売はこれまで通り継続して行ってまいります。

これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支えていただきました皆様方に、心より御礼申し上げます。

以上

引用元URL:http://www1.suzuki.co.jp/motor/sports/race/2017/ajmx_release_003.php


 

まさかのファクトリー参戦の休止…。

全日本モトクロス選手権のみならず、モトクロス世界選手権(MXGP)までという、非常に残念なリリースです。

これに対し、スズキのファクトリーライダーとして長い#44 小島 庸平選手が、以下のようなコメントをSNS上にアップしています。

 

 

2018シーズンのファクトリー体制ですが、他メーカーも気になるところ。

今後のリリースに注目です。

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で