トレイ・カナードが現役引退を発表 – 10年のプロ生活に幕


2017シーズンから Red Bull KTM Factory Racing に移籍するも、怪我の影響により2017シーズンのレースへの欠場が続いていた#41 Trey Canard(トレイ・カナード)が、現役引退を発表です。

現在、2017 AMAモトクロス選手権のシーズン真っ只中ですが、このタイミングでの発表となったようです。

T・カナードは2007年にプロデビュー。

2016年にTeam Honda HRCを離脱するまでは、デビューから一貫してホンダ系列のチームに所属しました。

2017シーズンからはRed Bull KTM Factory Racingに所属。

移籍後も怪我に苦しみ、スーパークロスシーズンでは17戦中6戦、ナショナルシーズンでは2レースのみの参戦となっています。

2015年の全日本モトクロス選手権 最終戦(MFJ-GP)で来日し、日本人にとっても親しみあるライダーでした。

引退の詳細については、あらためてアップしたいと思います。

Photo:KTM Media Library

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で