パストラーナ、ロニー・マックらが出場へ – 2018 モトクロス・オブ・ネイションズ(MXoN)


連日お伝えしている2018 モトクロス・オブ・ネイションズ(MXoN)の各国代表チームのリリース情報。

最初にこのリリースを見たときは冗談かと思いましたが、冗談ではなく、真実のリリースのようです。

プエルトリコ(アメリカ自治領)は2018 モトクロス・オブ・ネイションズの出場ライダーを発表。

ライダーは以下のとおり。

 

  • Travis Pastrana(トラビス・パストラーナ) – OPEN
  • Ronnie Mac(ロニー・マック) – MXGP
  • Ryan Sipes(ライアン・サイプス) – MX2

 

どのライダーも意外過ぎる選出でしょう(笑

パストラーナはレースを離れ、現在は Nitro Circus(ナイトロ・サーカス)を主な活動としていますし、サイプスは今シーズンAMAモトクロスに2戦のみ出場していますが、現在はGNCCを中心としているライダー。

元祖ヘタ乗りライダーのロニー・マックは、Red Bull ストレートリズムや AUS-X OPEN への出場経験はありますが、レース経験は…どうなんでしょう!?

監督はモトクロスレジェンド Rick Johnson(リック・ジョンソン)という、これまたライダーと同様に驚きのラインナップです(笑

ちなみに3選手ともに2ストロークマシンでの出場とのこと。

今回のライダー選出の背景には、2017年5月におきた財政破綻(アメリカ自治体で最大の約700億ドル)や、9月に全土を襲った猛烈なハリケーンによる被災など、プエルトリコのフトコロ事情も関係あるようです。

今年のモトクロス・オブ・ネイションズは、例年になく注目が集まりそうです。

関連ページ:

▼MXoN 2018 Team Puerto Rico – MAC – PASTRANA – SIPES

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で