フルモデルチェンジの2019年モデル ヤマハ「YZ250F」ほか、国内向け正式リリース情報


遂にリリースされた Yamaha(ヤマハ)のモトクロス競技用モデル「YZシリーズ」の2019年モデル。

海外でのリリース情報に続き、国内向けにも正式リリースがありました。

以下、ヤマハのニュースリリースより。


「YZ250F」「YZ85/LW」はエンジン・車体を一新し戦闘力を向上 モトクロス競技用「YZシリーズ」6機種の2019年モデルを発売

 

2018年6月7日発表

ヤマハ発動機株式会社は、84cm3~449cm3の排気量を揃えた、モトクロス競技用モデル「YZシリーズ」の2019年モデル6機種を8月28日より発売します。

フルモデルチェンジを行う「YZ250F」は、1)レスポンスが良くパワフルで扱い易い新設計エンジン、2)ハーフクラッチ時の優れたタッチを可能とした大容量クラッチ、3)新設計フレームの採用などによる走破性の向上、4)レース中に効果を発揮するエンジンマップ切替機能&軽量セルフスターターの採用、5)スマートフォンなどでユーザー自身がきめ細かいエンジンセッティングを可能とする新パワーチューナーの搭載などにより戦闘力を向上させました。

水冷2ストローク84cm3エンジン搭載の「YZ85」「YZ85LW」は、1)パワーフィーリングに優れたYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)搭載の新設計エンジン、2)近年のコース傾向やライディングトレンドに対応したサスペンションセッティング、3)新ブレーキホース、ウェーブタイプのブレーキディスク採用によるブレーキ性能の向上、4)ポジション調整可能なアルミ製テーパー型ハンドルなどによりポテンシャルを向上させました。なお「YZ85LW」は「YZ85」をベースに前19、後16インチタイヤを装着したモデルです。

昨年フルモデルチェンジを行った最大排気量のトップエンドモデル「YZ450F」は、フロント周りの剛性向上を中心に細部の熟成を図りました。
「YZ250」「YZ125」は、上位モデルとのリレーションを図ったカラー&グラフィックデザインを採用しました。

引用元アドレス:https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2018/0607/yz250f.html


 

以下、発売日、予約期間、各モデルの価格をまとめておきます。

発売日:2018年8月28日

予約受付期間:2018年6月7日~12月9日

メーカー希望小売価格(税込):
「YZ450F」1,015,200円
「YZ250F」874,800円
「YZ250」723,600円
「YZ125」615,600円
「YZ85LW」507,600円
「YZ85」496,800円

 

2019年モデル「YZ250F」「YZ85」「YZ85LW」の主な特徴や主要仕様諸元については、以下のニュースリリースページより確認できます。

 

2019年モデル「YZ250F」「YZ85」のヤマハ公式ビデオは以下のリンクからどうぞ。

関連ページ:

Photo:yamahamotorsports.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で