ホンダ – 2018シーズンのAMA-SX、MXGPシリーズの参戦体制をリリース


イタリアのミラノで開催中のEICMA2017において、Honda(ホンダ)の2018年二輪モータースポーツ活動計画が発表されました。

モトクロス関係で発表されたのは、FIMモトクロス世界選手権シリーズ(MXGP)に参戦する「Team HRC」と、AMAスーパークロスシリーズに参戦する「Team Honda HRC」について。

発表された2018シーズンのファクトリーライダーは以下のとおり。

 

▼FIMモトクロス世界選手権シリーズ(Team HRC)

▽MXGPクラス

  • #243 Tim Gajser(ティム・ガイザー)
  • #TBA Brian Bogers(ブライアン・ボジャーズ)

▽MX2クラス

  • #10 Calvin Vlaanderen(カルバン・ブランドレン)

 

▼AMAスーパークロスシリーズ(Team Honda HRC)

  • #94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)
  • #14 Cole Seely(コール・シーリー)

 

MXGPシリーズでは、#777 Evgeny Bobryshev(イブジェニー・ボブリシェフ)に代わり、オランダ出身のBrian Bogers(ブライアン・ボジャーズ)が新加入。

B・ボジャーズは2017シーズンのMX2クラスで年間総合8位の戦績、2018シーズンより最高峰のMXGPクラスにステップアップします。

MX2クラスでは、#747 Michele Cervellin(ミケーレ・セルベリン)に代わり、南アフリカ出身の#10 Calvin Vlaanderen(カルバン・ブランドレン)が新加入となっています。

ちなみに今回新加入となるMXGPクラスのB・ボジャーズ、MX2クラスのC・ブランドレンは、2017シーズン、ともに「HSF Logistics Motorsport Team」からMX2クラスに参戦したチームメイト。

背景として「Team HRC」と「HSF Logistics」のスポンサー契約が関係しているようです。

一方、AMAスーパークロスシリーズの参戦体制は昨年と変更なし。

負傷欠場が続いていたKen Roczen(ケン・ロクスン)の2018 AMAスーパークロスでの復帰が期待されます。

Photo:hondaracingcorporation.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で