ヤマハ、全日本モトクロス選手権ほか 2018年の参戦体制を発表


2月15日(木)にタイ・ブリラムのチャーン・インターナショナル・サーキットにおいて、ヤマハの2018年国内外レース活動主要チーム体制の発表がありました。

発表では、AMAスーパークロスやモトクロス世界選手権などの海外参戦体制に加えて、全日本モトクロス選手権の国内参戦体制も発表されています。

以下、発表されたレースリリースより抜粋。

 


2018年国内外レース活動 ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール

ヤマハ発動機株式会社は、「ブランド価値の向上」、「先進技術の獲得」、「モーターサイクルレースの健全なる普及」を目的に、世界各地でレース活動を行うとともに、技術開発、人材育成などに積極的に取り組んでいます。
昨シーズン、MotoGP世界選手権では、1961年の初挑戦以来、グランプリ通算500勝を達成したほか、マーベリック・ビニャーレス選手がランキング3位、バレンティーノ・ロッシ選手がランキング5位を獲得。世界耐久選手権では、「GMT94 Yamaha Official EWC Team」が年間タイトルを獲得し、その最終戦である鈴鹿8耐では「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が三連覇を達成するなどの成果を挙げました。
また2015年以来、「世界のどこからでも、世界のトップを目指すことができる体制づくり」のため、アジアを皮切りにステップアップ構造の構築に取り組んできました。この成果として、昨年は全日本ロードレース選手権やアジアロードレース選手権で頭角を現したライダーが、欧州でチャレンジをはじめるなど、着実に前進を遂げています。
2018年も当社は、基本方針のもと、グローバルな視点で活動を継続し、数々の勝利とともにブランドスローガン“Revs your Heart”の具現化を目指します。

モトクロス/スーパークロス

モトクロス世界選手権の最高峰となるMXGPには、「Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team」から、昨年、ランキング6位のロマン・フェーブル選手と、ランキング7位のジェレミー・ファン・フォルベーク選手が参戦。ファクトリー仕様の「YZ450FM」で、チャンピオンを目指します。
また「Wilvo Yamaha Official MXGP Team」からは、ショーン・シンプソン選手とアーヌー・トヌス選手に、MX2でランキング2位を獲得しステップアップしてきたジェレミー・シーワー選手を加えた3人が、「YZ450F」で参戦します。
MX2には、「Kemea Yamaha Official MX2 Team」からビセボロッド・ブリリヤコブ選手、ベン・ワトソン選手、ヤゴ・グリーツ選手が「YZ250F」で参戦します。

1月に開幕したAMAスーパークロスでは、最高峰の450SXに、昨年、ステップアップした若手のクーパー・ウェブ選手と、2015年以来のヤマハ復帰となるジャスティン・バーシア選手が「Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team」から2018年型「YZ450F」で参戦しています。
東西のエリアごとに開催される250SXには、「Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing」などが「YZ250F」で参戦しています。

5月に開幕するAMAモトクロスには、最高峰の450MXに「Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team」が、2018年型「YZ450F」で参戦します。ライダーはスーパークロスと同様、ウェブ選手、バーシア選手です。
250MXには、「Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing」などが「YZ250F」で参戦するほか、2017年全日本モトクロス選手権・IA2でチャンピオンを獲得した渡辺祐介選手が参戦します。
渡辺選手は、若手育成をミッションとするユースチームで成長を遂げ、2017年からファクトリーチームに所属してチャンピオンを獲得する成果を出しました。今回の派遣は、海外挑戦により渡辺選手のさらなる成長と、ロードに続き、モトクロスでも世界に続くステップアップの道筋を築くことを目的としています。

全日本モトクロス選手権では、最高峰のIA1に「フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA」から、昨年までIA2に参戦していた岡野聖選手がステップアップし「YZ450F」にて参戦します。
IA2は、若手育成を担うユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」の活動を再開します。ライダーは、昨年IA2で実力をつけた鳥谷部晃太選手と大倉由揮選手、マシンは「YZ250F」です。

 

●モトクロス世界選手権 MXGP

▼Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team
・ロマン・フェーブル
・ジェレミー・ファン・フォルベーク

▼Wilvo Yamaha Official MXGP Team
・ショーン・シンプソン
・ジェレミー・シーワー
・アーヌー・トヌス

●モトクロス世界選手権 MX2

▼Kemea Yamaha Official MX2 Team
・ビセボロッド・ブリリヤコブ
・ベン・ワトソン
・ヤゴ・グリーツ

●AMAスーパークロス 450SX

▼Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team
・クーパー・ウェブ
・ジャスティン・バーシア

●AMAスーパークロス 250SX

▼Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing
・アーロン・プレシンジャー
・ディラン・フェランディス
・コルト・ニコルズ
・ミッチェル・オルデンバーグ
・ジャスティン・クーパー

●AMAモトクロス 450MX

▼Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team
・クーパー・ウェブ
・ジャスティン・バーシア

●AMAモトクロス 250MX

▼Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing
・アーロン・プレシンジャー
・ディラン・フェランディス
・コルト・ニコルズ
・ミッチェル・オルデンバーグ
・ジャスティン・クーパー

▼TBA
・渡辺 祐介

●全日本モトクロス選手権 IA1

▼フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA
・岡野 聖

●全日本モトクロス選手権 IA2

▼YAMALUBE RACING TEAM
・鳥谷部 晃太
・大倉 由揮

▼フライングドルフィン サイセイ
・浅井 亮太

▼レーシングチーム鷹
・西垣 魁星
・町田 旺郷
・瓜生 大喜

▼Y’s RACING
・佐々木 麗

▼チームピットイン
・渡辺 陵

●全日本モトクロス選手権 レディース

▼名阪レーシング
・安原 さや

▼TEAM KOH-Z
・本田 七海

 

引用元:global.yamaha-motor.com/jp/race/release/2018/006/


 

ヤマハファクトリーとしての2018 全日本モトクロス選手権への参戦は無しという残念な発表に…。

スズキも同じく2018年はファクトリー参戦休止を発表していますので、変化のシーズンとなりそうです。

昨年IA2クラスでチャンピオンを獲得した渡辺 祐介選手は、AMAモトクロスの250MXに参戦。

450MXではHondaから富田 俊樹選手が、そして250MXでは渡辺選手が参戦と、AMAモトクロスの楽しみが増えそうです。

また昨年はIA2クラスで総合4位の岡野 聖選手は、IA1クラスにステップアップして参戦します。

関連ページ:

▼Yamaha Motorsports Media Conference 2018

 

Photo:mxee.net

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で