国内向け詳細情報リリース – カワサキ 2019年モデル「KX450」ほか


モデル名の変更のみならず、油圧クラッチやセルフスターターの採用などで注目を集める、フルモデルチェンジを果たした2019年モデルのカワサキ「KX450」シリーズ。

海外では一足先にリリースされ、6月上旬には「川崎重工」のニュースリリースで紹介されていましたが、ようやく「カワサキモータースジャパン」のHP上でも製品ページがオープンし、発売日や価格、特長などが記載されています。

2019年モデルとして発表されたラインナップと価格、発売日は以下のとおり。

 

(モデル名 / 価格(税込) / 発売日)

KX450 / 993,600円 / 2018年9月1日

KX250 / 772,200円 / 2018年8月1日

KLX110L / 266,760円 / 2018年8月1日

KX100 / 401,760円 / 2018年8月1日

KX85-Ⅱ / 380,160円 / 2018年8月1日

KX85 / 369,360円 / 2018年8月1日

KX65 / 304,560円 / 2018年8月1日

 

各モデルの特長などは、以下のカワサキモータースジャパンHPより確認できます。

関連ページ:

Photo:kawasaki.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で