岸 桐我選手がエントリー:MXGPドイツ併催 Honda EMX150 ヨーロッパ選手権


3階級特別昇格により2017年に国際B級ライセンスを取得した、BOSSレーシングの岸 桐我(きし とおあ)選手が、5月21日(日)のモトクロス世界選手権(MXGP) 第8戦 ドイツで併催される「Honda EMX150」(Honda 150 European Championship)へのエントリーを確認!

この「Honda EMX150」は、若手レーサーの才能を支援するHondaのグローバルプログラムの一環として、世界中の優れた11歳から14歳のモトクロス選手たちに、才能を国際レベルで紹介する機会と、4ストロークのライディングスキルを開発する機会を提供するためにおこなわれるレース。

マシンは全てのライダーが最新モデルのHonda CRF150Rを操り、イコールコンディションの中で、ヨーロッパを舞台に全5戦で争われます。

岸 桐我選手のブログによると、2017年に国際B級ライセンスを取得したものの、若干14歳で、日本では15歳になる夏以降のレースしか参戦できないため、今シーズンはEMX150にフル参戦を決めたようです。

2017シーズンのHonda EMX150 レーススケジュールは以下のとおり。

  • 5月21日 – MXGP ドイツ
  • 7月2日 – MXGP ポルトガル
  • 8月6日 – MXGP ベルギー
  • 8月20日 – MXGP スウェーデン
  • 9月10日 – MXGP オランダ

昨年はFIMワールドジュニアモトクロスチャンピオンシップにも日本ジュニア代表として参戦した岸選手。

ヨーロッパでの活躍を期待しましょう!

▼関連リンク

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で