賛否両論?A・プレシンジャーとA・フォークナーとの接触シーン at AMA-MX Rd.7 レッドバッド


7月7日(土)にミシガン州ブキャナンで開催された、2018 AMAモトクロス 第7戦 レッドバッドから、話題のシーンをシェア。

場面は250MXのMOTO 1、レース時間が残り9分を切ったあたりでの、#23 Aaron Plessinger(アーロン・プレシンジャー)と#35 Austin Forkner(オースティン・フォークナー)によるトップ争いの場面です。

トップを走るプレシンジャーをフォークナーがパス。

直後のコーナー、トップを奪ったフォークナーはアウトのラインを選択、プレシンジャーはインのラインを選択します。

 

コーナー出口で、プレシンジャーのリアタイヤがフォークナーのフロントタイヤに接触。

 

フォークナーはフロントタイヤをすくわれ、激しく地面に打ち付けられて転倒。

 

この接触後、プレシンジャーはトップをキープしたままフィニッシュ。

今季、ヒートレースにおいて5勝目を獲得しました(MOTO 1終了時点)。

対して転倒したフォークナーはかなりのダメージを受けたようで、そのままピットインし、MOTO 1のレースをリタイアしています。

賛否両論がありそうな接触転倒ですが、公式な罰則等は無かったようです。

あなたなら、この接触はあり?なし?

▼RedBud 2018: Aaron Plessinger takes out Austin Forkner while battling for the lead

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で