[2/19 更新]ケン・ロクスンの負傷情報 – Honda レースレポート


2月10日の2018 AMAスーパークロス 第6戦 サンディエゴで、接触転倒により負傷を負った#94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)。

レース終了後のHonda レースレポートによると、右手の甲を骨折しており、2月16日(金)には手術を受けることが報じられていました。

2月19日に更新されたHonda レースレポートには、ロクスンの負傷情報について新たな記載がありました。

以下、更新されたHonda レースレポートより。


先週サンディエゴでの転倒により右手を負傷したケン・ロクスン(Team Honda HRC)は、今大会の前日(2月16日)に、コロラド州デンバー郊外ベイルにあるステッドマン・クリニックで手術を受けました。ドクター・ランディ・バイオラによると、今回の手術では右手甲の骨折部の固定と靱帯の修復などを行い、6~8週間の休養が見込まれるとのことです。

引用元:www.honda.co.jp/AMA/race2018/sx-rd07/


レースレポートによると、手術は完了して回復には6~8週間の見込みとのこと。

仮に手術をした日から6週間の回復期間を要すとすれば3月末には、8週間の場合だと4月中旬には回復する計算になります。

ということは、今シーズンの最終戦 ラスベガス(5月5日開催)までには、またロクスンの姿が見えるかも…(願望)

ロクスン本人の意向だけでなく、チームとしての判断もあるかもしれませんし、回復後のリハビリ期間も設けられることが想定されますが、ファンとしては早期回復を期待したいところです。

また新たな情報があればアップしていきます。

関連ページ:

Photo:hondaracingcorporation.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で