2017 AMA-SXファクトリーマシン特集ビデオ:ホンダ編


2017 AMAスーパークロスシーンで活躍するファクトリーマシンにスポット当てた、海外メディア「Dirt Rider Magazine」の『ファクトリーバイク・フライデー』シリーズ。

第一回目のご紹介となる今回は、ホンダのファクトリー参戦チーム「Team Honda HRC」から、#94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)と#14 Cole Seely(コール・シーリー)のマシン「CRF450R」をシェア。

チタン製タンク始動用リチウムイオンバッテリーの採用など、なにかと話題の多かった2017年モデルをベースに、ホンダ自ら「歴代最高のマシン」と語るように、優れたテクノロジーとデザインを両立させたマシンです。

今シーズンからホンダにスイッチしたK・ロクスンは、出場した開幕戦~第2戦はともに勝利し、C・シーリーや450SXにスポット参戦した#6 Jeremy Martin(ジェレミー・マーティン)らも最高で2位表彰台を獲得しています。

ちなみにJ・マーティンについては、普段はCRF250Rを操り250SXクラスに参戦しているライダーですが、CRF450Rに乗り始めて8日目のレースでこの実績を獲得。

レース後には「とにかくHondaのニューマシンがすばらしく、とてもいい気分でライディングできました」とのコメントもありました。

ホンダにとってもファンにとっても、なんといってもロクスンの負傷が悔やまれますが、「もし負傷が無かったら…」と考えると、このCRF450Rを操り、今シーズンのタイトル獲得の可能性も大いにあったのかもしれません。

▼Ken Roczen’s 2017 Honda CRF450R | Factory Bike Friday

▼Cole Seely’s 2017 Honda CRF450R | Factory Bike Friday

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で