2017 AMA-SXファクトリーマシン特集ビデオ:ヤマハ編


2017 AMAスーパークロスシーンで活躍するファクトリーマシンにスポット当てた、海外メディア「Dirt Rider Magazine」の『ファクトリーバイク・フライデー』シリーズ。

第二回目はヤマハのファクトリーチーム「Yamaha Factory Racing Team」から参戦する#22 Chad Reed(チャド・リード)と#2 Cooper Webb(クーパー・ウェッブ)のマシン「YZ450F」をシェア。

前方ストレート吸気、後傾シリンダーや後方排気の採用など、他メーカーにはない特長を持つ「YZ450F」の市販モデルをベースに、スーパークロス独特のコースへの最適化とライダーの好みに合わせたセッティングが施されたマシン。

ちなみに主要諸元は非公開となっています。

4月におこなわれた2017 全日本モトクロス選手権 開幕戦では、#99 平田 優選手のファクトリーマシン「YZ450FM」において、エレクトリックスターターを採用し、キックスターターが除去されていることも話題となりました。

最終戦を前にしたヤマハ勢のポイントランキングは、C・リードが9位、今シーズン450SXルーキーのC・ウェッブは、シーズン途中の負傷欠場の影響もあり13位となっています。

両選手の最終戦の活躍にも注目です。

▼Chad Reed’s 2017 Yamaha YZ450F | Factory Bike Friday

▼Cooper Webb’s 2017 Yamaha YZ450F | Factory Bike Friday

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で