2018 全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会 – 台風21号の影響について


このたびの台風21号による大雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

台風の影響で開催が心配される、2018 全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会について、主催者であるMFJ近畿よりリリースがありました。

以下、9月5日に発表されたリリースより。

 


【2018全日本モトクロス第8戦 近畿大会】台風21号での影響について

 

台風21号による被害に合われた方々にお見舞い申し上げます。

各報道媒体で報道されております通り、各地で大きな被害をもたらした台風21号ですが、幸いにも今大会会場の名阪スポーツランド(奈良県)においては大きな被害はございませんでした。

台風の影響で会場の設営作業に遅れは生じておりますが、予定通り大会は開催させていただきます。

ご来場予定の皆さまに於かれましては、交通情報など事前にご確認いただき安全にご来場いただけますようお願い申し上げます。

主催:近畿モーターサイクルスポーツ協会

引用元アドレス:https://www.jmpsa.or.jp/block/kinki/race/e10043.html


 

リリースにもあるように、会場となる奈良県の名阪スポーツランドは大きな被害は無かったようで、第8戦 近畿大会は予定通り9月8日(土)、9日(日)に開催されるようです。

今シーズンの全日本モトクロス選手権は「平成30年7月豪雨」の影響により第7戦 中国大会が中止となり、全9戦から8戦に変更。

今シーズン「残り2戦」となった重要な局面となる近畿大会だけに、開催を心配する声が少なからずありましたが、今週末にはおよそ1ヶ月半ぶりに熱いレースが見れそうです。

お楽しみに!!

関連ページ:

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で