2018 Suzuki RM-Z250 / RM-Z450 – 国内向けスズキ公式HPでリリース


海外向けスズキ公式サイトでは6月末に先行リリースされていた2018年モデルのRM-Z450。

国内向けスズキ公式サイト上でも、ようやく正式リリースされました。

リリース情報では2018年モデルのRM-Z450に加え、国内ではユーザー数の多い250ccクラスモトクロッサー RM-Z250 の2018年モデルも同時リリースされています。

2017年モデルからのそれぞれの変更点を要約すると以下のとおり。

 

▼2018 Suzuki RM-Z450

  • 新グラフィックデザインの採用
  • 最新版スズキ ホールショットアシストコントロール(S-HAC)搭載
  • 第3世代のトラクション・マネージメント・システム(ECM)搭載
  • 吸気システム、フューエルインジェクションシステムの改良
  • 新設計のフレーム
  • 新型SHOWA製前後サスペンション
  • 新型リム及びタイヤ
2018 Suzuki RM-Z450

 

▼2018 Suzuki RM-Z250

  • 新グラフィックデザインの採用
2018 Suzuki RM-Z250

 

2018年モデルのRM-Z250についてはカラーリングのみの変更のようですが、RM-Z450については大幅な改良が加えられ、「The Winning Balance」というコンセプトのもと、「走る」「曲がる」「止まる」の3つの基本性能の向上が図られています。

関連ページ:

Photo:globalsuzuki.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で