2018 Suzuki RM-Z450 – 装着タイヤに関するニュースリリース


6月29日に海外向けSUZUKI(スズキ)の公式サイトでリリースされた、2018年モデルの「RM-Z450」。

本記事投稿時点では、国内向けのスズキ公式サイト上では2018年モデルのリリースについては未だ触れられていませんが、一足先に2018年モデルの新車装着タイヤメーカーに選ばれた「ブリヂストン」から、装着タイヤに関するニュースリリースがありました。

以下、ブリジストン公式サイトのニュースリリースより引用です。

 


2輪車用タイヤ「BATTLECROSS X30」がスズキ「RM-Z450」に新車装着

 

株式会社ブリヂストンは、スズキ株式会社が6月29日に発表した新型モトクロス「RM-Z450」2018年モデルの新車装着用タイヤとして、「BATTLECROSS X30」を納入します。当該車両は「RM-Z」シリーズのフラッグシップモデルに位置付けられており、当該タイヤは車両の駆動力の確保に貢献しています。

当該タイヤは、トップクラスのレースを通して開発された、ミディアム路面(中間路面)向けのレース専用ハイパフォ-マンスタイヤです。リアタイヤには、当社の独自開発技術「Castle Block(凸ブロック)」を採用し、レースで必要とされるグリップ力の向上を図っています。

当社は今後も当該商品を始めとして、新車装着の拡大を積極的に進めていきます。

 

「Castle Block(キャッスル ブロック)」

硬い土壌の上に土が浮いたような路面やレースインターバルの散水直後の路面は、非常に滑りやすくなります。「Castle Block」は、通常のブロック表面から一段飛び出たブロックを配置することで、滑りやすい路面に対して接地圧を高めます。それによりグリップ力を確保し、加速性能及びコーナーリング性能の向上を追求しています。


引用元:http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2017071801.html

 

ちなみにニュースリリースページによると、装着されるタイヤのサイズは

  • フロント:80/100-21 51M
  • リア:110/90-19 62M

となっています。

関連ページ:

Photo:globalsuzuki.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で