250SX(E)王者ザック・オズボーンにペナルティ:獲得タイトルに影響は?


先週末の5月6日(土)にラスベガスで2017シーズンを終えたAMAスーパークロスシリーズ。

なかでも250SXイースト(東地区)と450SXクラスは最終戦までタイトル争いがもつれ込む接戦で、#16 Zach Osborne(ザック・オズボーン)と#1 Ryan Dungey(ライアン・ダンジー)がそれぞれ2017シーズンのタイトルを獲得しました。

ところがレース終了後から数日、250SX(E)のタイトルを獲得したザック・オズボーンに、最終戦でのペナルティに関するニュースが入ってきました。

問題となったシーンはこちら。

 

同じく250SX(E)でタイトル争いをしていた#17 Joey Savatgy(ジョーイ・セバチ)とのシーン。

コーナーでオズボーンがイン側から激しくぶつかり合っていることがわかります。

レース終了後にこの事件に関する抗議が行われたようで、最終的にはレースディレクターがオズボーンのルール違反と判断したようです。

気になるペナルティの内容はというと…

 

7,500ドルの罰金

 

なお、今回のペナルティはポイントには影響が無かったようで、オズボーンの2017タイトル獲得にも影響が無く、変更はないようです。

少し後味の悪い最終戦となってしまいましたが、オズボーンとしては獲得したタイトルを維持することができ、ホッとしているのかもしれません。

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で