「2018 ジャパンスーパークロス」チケット返金等に関する相談窓口を開設


昨年11月にお台場で開催が予定され、直前に開催中止がアナウンスされた日本版スーパークロスイベント「2018 JAPAN SUPERCROSS(ジャパンスーパークロス)」。

開催中止から半年が経過しましたが、SNSでは依然としてチケット代金の返金に応じてもらえないとの、チケット購入者からの投稿をよく見かけます。

公式サイトや公式SNSアカウントも既に閉鎖され、途方に暮れていた方も多いことと思いますが、本日このチケット返金等に関するプレスリリースがありました。

以下、プレスリリース・ニュースリリース配信サービスの「PR TIMES」より。

 


スマッシュが昨年開催中止となった別会社運営の「2018年ジャパンスーパークロス」開催中止に伴うチケット返金等に関する相談窓口を開設。

パンクラスエナジードリンク株式会社

2019年4月23日 12時00分

 

別会社ではあるジャパンスーパークロスのイベントの名称を使用して開催するスマッシュが相談解決に務める

<重要はお知らせ>
今年開催する「絶叫ジャパンスーパークロス2019」(主催:スマッシュ)と昨年開催中止となった「2018年ジャパンスーパークロス」(主催:合同会社ジャパンスーパークロス)とは主催が別会社で関係は一切ありません。
しかしながら2018年ジャパンスーパークロスの開催中止に伴うチケット返金等に関する相談窓口を開設対応し、ジャパンスーパークロスの名称を使用する上で問題解決に努めて参りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

<2018年ジャパンスーパークロス相談窓口jsx2019@pancrase.co.jp>

スマッシュ代表酒井正和
「ジャパンスーパークロス」の名称を使用したイベントを2019年10月20日に開催発表後、SNS上等で
昨年の大会中止に伴うキャンセルで、購入チケットの返金が返却されていないとの声が複数あがっています。私が主催するイベントでこのような問題が発生する事がありえません。この問題を放置して2019年開催をする事はありえません。名称を使用して開催する以上はユーザーの立場になり昨年の主催者である合同会社ジャパンスーパークロス事務局と協議も行い早期解決に努めたいと思います。」
2018年ジャパンスーパークロス相談窓口jsx2019@pancrase.co.jp

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000009817.html


 

ちなみにリリース中にある「絶叫ジャパンスーパークロス2019」とは、総合格闘技団体「パンクラス」を運営する「スマッシュ」が4月11日に発表した、富士急ハイランドで10月20日に開催予定のモトクロスレースのこと。

発表内容の詳細は、以下のリンクから確認できます。

公式サイトも開設されています。

 

 

中止となった「2018 ジャパンスーパークロス」と名称やロゴが同じのため混同してしまいそうですが、昨年の主催者「合同会社ジャパンスーパークロス」に対して、今年開催される「絶叫ジャパンスーパークロス2019」の主催者「スマッシュ」とは、無関係の別会社のようです。

今回の相談窓口開設も、本来であればチケット返金問題とは無関係の「スマッシュ」が善意で対応されるようで、困っているユーザーにとっては助けとなるかもしれません。

相談は以下のアドレスから、困っている方は一度相談されてみてはいかがでしょうか。

▼2018年ジャパンスーパークロス相談窓口アドレス

jsx2019@pancrase.co.jp

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で