【全日本情報も】ホンダ、2022年のモータースポーツ参戦体制を発表


1月14日にHonda(ホンダ)から2022年におけるモータースポーツの活動計画が発表されました。

四輪、二輪のレース参戦体制が発表され、モトクロス関係ではFIMモトクロス世界選手権(MXGP)、MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)、AMAスーパークロス選手権、AMAプロモトクロス選手権の4つについて発表されています。

発表された各レースの参戦体制は以下のとおり。

 

 

モトクロス世界選手権(MXGP)はファクトリーライダーに変更はなく、2022年も#243 Tim Gajser(ティム・ガイザー)、#43 Mitchell Evans(ミッチェル・エバンス)の二人。

昨年のミッチェル・エバンスは手首の負傷によりシリーズ全戦を欠場、今年は勝負の年となりそうです。

全日本モトクロス選手権は今年もホンダワークスとしての参戦は無し。

昨年のIA1チャンピオン 山本 鯨選手が現役引退となりましたが、昨年のIA2チャンピオン 大城 魁之輔選手がIA1クラスにステップアップし「Honda Dream Racing Bells」として参戦。

また大倉 由揮選手がヤマハからホンダにスイッチし、大城選手と同じく「Honda Dream Racing Bells」から、こちらもIA1クラスに出場となります。

レディースクラスには畑尾 樹璃選手が全日本復帰となるようです。

AMAスーパークロス、AMAモトクロスは、スーパークロスが既に開幕済みでありますが、こちらも昨年と同じ体制となります。

以下、Twitterの関連情報とライブ中継された発表ビデオを貼り付けておきます。

 

 

▼2022 モータースポーツ参戦体制発表

Photo:honda.co.jp

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts