【続報】能塚選手の負傷情報:Hondaレーシングレポート


Hondaの国内向けモータースポーツサイトに、4月2日(土)におこなわれた2017 モトクロス世界選手権(MXGP) 第4戦 メキシコGPのレーシングレポートがアップされ、アルゼンチンで負傷した能塚 智寛選手についても触れられています。

過去記事「能塚 智寛選手の更新情報をリリース:6ヶ月以上の欠場か – Team HRC」では英語でのリリースでしたが、こちらは日本語表記となっています。

以下、Hondaのサイトより引用です。


能塚はパタゴニアでクラッシュした際に、頸椎と骨盤を痛め、ブエノスアイレスの病院で手術を受けたあと、現在は日本に帰国して療養中です。完治まで6カ月と見込まれています。メキシコGPのパドックでは、セルベリンや監督を中心にチームスタッフが集まり、能塚を元気づけるビデオメッセージなどが発信されていました。

引用元:honda.co.jp


ということで、こちらにも完治まで6ヶ月の見込みとの記載が…(涙

今シーズンのモトクロス世界選手権は、最終戦のフランスGPが9月17日におこなわれますので、見込みどおりならばシーズン途中の復帰は厳しいと言えるでしょう。

自身初となる世界選手権フル参戦の年で、しかもシーズン序盤での出来事だけに、能塚選手本人も非常に悔しい思いをしていることと思います。

能塚選手のチーム関係者からは、能塚選手に宛てたメッセージも▼

能塚選手の一日も早いレース復帰を待ちましょう!Get well soon!!

Photo:hondaracingcorporation.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で