クリスチャン・クレイグの代役参戦を正式発表 – ロクスンの更新情報も


2018 AMAスーパークロス 第6戦 サンディエゴで負傷した#94 Ken Roczen(ケン・ロクスン)に加えて、前戦の第8戦 タンパでのクラッシュにより負傷した#14 Cole Seely(コール・シーリー)らを擁す「Team Honda HRC」。

ファクトリーライダー不在の状態で臨む、今週末におこなわれる第9戦 アトランタに向けて、昨年と同様に代役参戦の正式発表がありました。

代役参戦するライダーは、250SXウエストに出場しているGEICO Honda(ガイコ・ホンダ)所属の#48 Christian Craig(クリスチャン・クレイグ)。

2017年にも代役として450SXに参戦しているクレイグは、昨年10月におこなわれた2017 モンスターエナジーカップ以来の450クラス参戦となります。

クレイグのSNSには、参戦マシンとなるファクトリー仕様のCRF450Rの画像もアップされていました。

 

またリリースでは、負傷中のロクスンとシーリーの状態についてもあり、シーリーについてはまだ入院中との記載しかありませんでしたが、ロクスンについては「5月19日にハングタウンで開幕するAMAモトクロスシリーズのスタートを目指している」との記載がありました。

ロクスンの回復が順調にいけば、復帰レースは2018 AMAモトクロス 開幕戦となりそうです。

関連ページ:

Photo:hondaracingcorporation.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts