ジェフリー・ハーリングスの負傷情報 – 2019 開幕戦は欠場の見込み


先日の記事でお伝えしていたモトクロス世界選手権(MXGP)チャンピオンの#84 Jeffrey ハーリングス(ジェフリー・ハーリングス)に関する負傷情報の続編です。

ハーリングスの所属チームであるKTMから正式リリースがありました。

以下、リリースの全文をGoogle翻訳により和訳したものを貼り付けておきます。

 


2018年に19グランプリから17勝したRed Bull KTMスターは、金曜日の午後、スペイン南部のAlbaidaサーキットでトレーニング中に負傷しました。ハーリングスはその日にすぐにベルギーに戻り、有名な外科医クレイズ博士と一緒に彼の右足の骨折を修復する手術を受けました。ありがたいことに、24歳の男性は足首の損傷を被っていなかったので、手術全体は迅速かつ成功裏に行われました。

ハーリングスは2月16日に英国でHawkstone Park Internationalとのレースを計画していましたが、今度は完全に彼のリハビリに焦点を合わせます。彼は来週キャストを変更し、回復期間の全範囲を決定するために6週間以内に医療スタッフとの協議を予定しており、3月3日のアルゼンチンでのFIMモトクロス世界選手権の開幕戦に参加することはまずありません。

ジェフリー・ハーリングス:“私はジャンプから奇妙に着陸し、私がAlbaidaの汚れのトラック「壁」に近づきすぎたときに斜めになりました。自転車と泥の間に足を挟まれた。私たちは問題を抱えていることを知っていました、そして私たちが足が腫れ始めているのを見たときに私たちはできるだけ早く手術を受けました。これは明らかに2019年を始めるための最善の方法ではありませんが、私たちはよく乗って準備をしてきたので、そのレベルに戻るために今努力しなければなりません。幸いなことに、Claes博士と彼のチームは手術がどのように行われたかに本当に満足しており、私はこれ以上痛みや腫れはありません。6週間のうちに私たちはもっと知るようになるでしょう、そしてそれはすべて骨がどのように治るかにかかっています。ファンからのすべてのメッセージをありがとう。我々は戻って強くなるだろう!

ディルクGruebel、MX2チームマネージャー・技術コーディネーター、レッドブルKTM:「これは明らかに、Jeffreyとチームにとって、そしてMXGPのファンにとっても残念な状況です。私たちはみんな元気で健康的で新しいシーズンに向けて準備ができていることを望んでいるからです。それはクラッシュが起こった方法を残念なことであり、それがトラックのその部分に対するものでなかったならば、おそらく彼は問題なくエスケープしたであろう。JeffreyはベルギーのDr Claesによるファーストクラスの治療を受け、怪我のために体のトリッキーな部分が壊れた部分を修正しました。すべてがうまくいったし、彼の足首や怪我をより深刻にした可能性がある何か他のものに問題はない。今度は彼は再び回復し、2018年に我々が見た形に近いMXGPに戻ってくるように見えるでしょう。

2019.1.31 KTMプレスセンター

※英語のリリース内容をGoogle翻訳により和訳し、一部修正


 

ということで、残念ながら3月3日の開幕戦ではチャンピオンの姿は見られそうにありません(泣)

負傷内容については「右足の骨折」で、手術も無事に終わった模様です。

ハーリングスは初タイトルを獲得した2018年のシーズン途中に、鎖骨の骨折により第11戦 ロンバルディアGP(イタリア)を欠場。

しかし、その後も快進撃を続けて初優勝を獲得した過去があります。

2019年の世界選手権にどのような影響を与えるのか、今後の動きにも注目です。

関連ページ:

Photo:Ray Archer

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で