ディーン・ウィルソン、ハスクバーナと2020年のファクトリー契約を発表


今年のAMAスーパークロスでは第5戦 サンディエゴまでプライベーターとして参戦し、第6戦 ミネアポリスからは前年まで所属したハスクバーナのファクトリーチームに復帰した#15 Dean Wilson(ディーン・ウィルソン)。

当初は負傷欠場中だった#1 Jason Anderson(ジェイソン・アンダーソン)の代役として参戦していましたが、復帰した現在、シーズン真っ只中のAMAモトクロスでは#16 Zach Osborne(ザック・オズボーン)を含む3名のファクトリーライダーの1人として出場しています。

ウィルソンのSNSでは、2020年シーズンも継続してハスクバーナのファクトリーライダーとして契約したことを発表。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

So stoked to announce that I will be staying with the @rockstarhusky racing team for the 2020 season. Thank you everyone involved. I am very happy and grateful for another great year with these guys. 🤟🏽 – – – @rockstarenergy @husqvarnamotorcyclesusa @onealracing @ignite @artificialgrassliquidators @ride100percent @alpinestars @toyotaescondido @gopro @lululemon @bestmxinc @ethika @ridecalifornia @superkels @motopartstrader @erickkozin39 @egrondahl351 @dillongeorgian @sarahvanicek

D E A N Oさん(@deanwilson15)がシェアした投稿 –

 

その後、その投稿に呼応する形で「Husqvarna Motorcycles USA」のアカウントでも同内容の投稿が確認できました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@deanwilson15 announced earlier today via Instagram that he will race the 2020 season with the @rockstarhusky team aboard his #FC450 @rockstarhusky @rockstarenergy #RockstarHusky

Husqvarna Motorcycles USAさん(@husqvarnamotorcyclesusa)がシェアした投稿 –

 

ちなみにハスクとファクトリーライダーの契約期間としては、アンダーソンが2022年まで、オズボーンが2020年までの契約となっています。

とすると、来シーズンも継続してハスクから3名のファクトリーライダーが出場する可能性が高そうです。

関連ページ:

Photos:Simon Cudby

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts