トラビス・パストラーナ、スズキからKTMのマシンにスイッチ


モトクロスのみならず、FMX、Nitro Circus(ナイトロ・サーカス)、ラリーなど幅広いジャンルで活躍する#199 Travis Pastrana(トラビス・パストラーナ)。

昨年はプエルトリコ代表メンバーとしてモトクロス・オブ・ネイションズ(MXoN)に出場したのも記憶に新しいところですが、そのパストラーナが長年乗り続けたスズキからKTMのマシンにスイッチしたニュースです。

パストラーナのFacebookには、#199を装着したKTMのマシンでライディングするビデオがアップされています。

 

 

KTMへのスイッチの理由は、既に製造が終了しているスズキ RM250の部品調達が困難になってきたため、のようです。

KTMなら現行モデルとして2ストローク250ccの「KTM 250 SX」がありますので、2ストロークライダーのパストラーナとしては、他メーカーへのスイッチはやむを得ないことだったのでしょう。

ただ現行販売の2ストローク250ccのマシンで言うと「ヤマハ YZ250」という選択肢もあったため、日本人としては青いパストラーナも見てみたかったです(泣

▼Travis Pastrana

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で