ベルズレーシング – 2021 全日本モトクロス選手権 第2戦(最終戦) 中国大会 ハイライトビデオ


11月28日(日)に広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された、2021 全日本モトクロス選手権 第2戦(最終戦) 中国大会から、Bells Racing(ベルズレーシング)による決勝ハイライトビデオと各ライダーによる決勝レース後のインタビュービデオです。

プライベートチームであるベルズレーシングとしては、IA1クラスで#1 山本 鯨選手、IA2クラスでは#2 大城 魁之輔選手がシリーズチャンピオンを獲得し、Wチャンピオンを達成。

2018年にチームを発足してからわずか3年での快挙達成となりました。

最終戦ではIA2クラス #2 大城 魁之輔選手がヒート1、ヒート2で完全勝利。

IA1クラスは#1 山本 鯨選手がヒート1で勝利するも、ヒート2は転倒してからの猛烈な追い上げにより4位でフィニッシュし、2位の#2 富田 俊樹選手にわずか3ポイント差で2年連続のチャンピオン獲得となりました。

さらにレース後のインタビューで、山本 鯨選手は今シーズン限りで現役引退となること発表しています。

各ライダーと#6 小島 庸平選手兼監督による決勝レース後のインタビュービデオ、ベルズレーシング発の決勝ハイライトビデオを貼り付けておきます。

ライダーや関係者のみなさん、おめでとうございます!

関連ページ:

▼#34 柳瀬 大河選手

▼#2 大城 魁之輔選手

▼#1 山本 鯨選手

▼#6 小島 庸平選手兼監督

▼2021年全日本モトクロス選手権 Rd.2中国大会 最終戦決勝速報

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts