ポウルス・ジョナスがハスクバーナへ移籍、2019年はMXGPクラス出場へ


2017年のモトクロス世界選手権 MX2クラスチャンピオンで、今シーズンまでKTMから出場していた Pauls Jonass(ポウルス・ジョナス)が、来シーズンからはハスクバーナのファクトリーチーム「Rockstar Energy Husqvarna Factory Racing」に移籍することを発表。

契約期間は2年で、移籍と同時に最高峰MXGPクラスへステップアップすることも発表されています。

 

 

P・ジョナスは今シーズン、チームメイトの#61 Jorge Prado(ホルヘ・プラド)と最終戦までもつれ込むタイトル争いを展開。

しかし、最終戦を前に怪我により右膝の手術を決行、惜しくも2年連続のタイトル獲得にはなりませんでした。

2019年は心機一転、新チームからMXGPクラスにチャレンジするルーキーイヤーとなりますが、ここ数年では2015年の#461 Romain Febvre(ロマン・フェーブル)、2016年の#243 Tim Gajser(ティム・ガイザー)がMXGPクラスにステップアップした年にタイトルを獲得しています。

2019年、ルーキーイヤーのP・ジョナスに注目が集まります。

 

 

▼Rockstar Energy Husqvarna Factory Racing sign Pauls Jonass | Husqvarna Motorcycles

Photo:Bavo Swijgers

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts