ヤマハ、2020年の全日本モトクロス選手権ほか参戦体制を発表


ヤマハから2020年における全日本モトクロス選手権を含めた、国内外レース活動のリリースがありました。

ホンダの「Team HRC」が活動を中止するなか、注目が集まるヤマハの参戦体制は以下のとおりです。

 

 

全日本モトクロス選手権ではIA1クラスにファクトリーチームが復活!

昨年までホンダに所属していた#317 富田 俊樹選手が新加入、#110 渡辺 祐介選手選手はIA1クラスにステップアップし、それぞれAMAモトクロスから全日本モトクロス選手権に活躍の場が戻ります。

IA2クラスには昨年のIBクラスチャンピオン#01 中島漱也選手が「YAMALUBE RACING TEAM withレーシングチーム鷹」より参戦します。

昨年までIA2クラスに参戦していた鳥谷部 晃太選手は、今季よりオーストラリアモトクロス選手権 MX2クラスに「Yamalube Yamaha Racing」より参戦となるようです。

関連ページ:

Image:yamaha-motor.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で