古賀 太基選手の転倒シーン一部始終 – 2020 AMAスーパークロス 第6戦 サンディエゴ


2月8日(土)にカリフォルニア州サンディエゴのペトコパークで開催された、2020 AMAスーパークロス 第6戦 サンディエゴ。

今大会にも唯一の日本人選手として#929 古賀 太基選手が出場しましたが、残念ながら予選レースで転倒を喫しリタイアとなりました。

レース終了後、古賀選手のSNSには転倒シーンの一部始終がアップされています。

 

 

フープスでの前転ですが、よく見ると転倒後に上からバイクの後輪が降ってきて、古賀選手の身体に直撃していることが分かります。

これによりレースは赤旗中断となった模様です。

古賀選手によると手術は完了し、翌日には退院予定とのようです。

前戦では初のメインイベント進出を果たし、調子も上向きだっただけに今回の転倒は残念ではありますが、古賀選手が出場している250SX Westは今大会を終えておよそ1ヶ月半のインターバルを挟みますので、十分な回復を期待しましょう。

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で