国内正式リリース – 2020年モデル ホンダ「CRF450R」「CRF250R」


海外では5月上旬に正式リリースされていたHonda(ホンダ)の2020年モデルとなるモトクロス競技専用車 CRFシリーズ。

本日、国内向けのニュースリリースとして正式発表、製品ページもオープンされました。

リリースされた2020年モデルの「CRF450R」「CRF450RX」「CRF250R」「CRF250RX」は、それぞれ8月30日(金)より受注期間限定(2019年5月23日(木)から12月31日(火)まで)で発売。

気になる各車種のメーカー希望小売価格は以下のとおりでした。

  • CRF450R   977,400円(税込)
  • CRF450RX  993,600円(税込)
  • CRF250R   831,600円(税込)
  • CRF250RX  847,800円(税込)

 

リリースによると、CRF450R、CRF450RXには、急な路面状況の変化によるリアタイヤの空転を抑制し、効率よく動力を伝達する、3段階のレベル選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を初採用。

その他、ローンチコントロールシステムの改良や、燃料噴射セッティング・前後サスペンションの最適化、操縦安定性の向上などが特徴として挙げられています。

CRF250R、CRF250RXでは、エンジンまわりの改良がなされているようです。

 

以下にリリースページ、製品ページへのリンクを貼り付けておきます。

 

関連ページ:

Photo:honda.co.jp

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で