成田 亮選手が2020年のレースマシンを公開!クラウドファンディング開始も


全日本モトクロス選手権において前人未到の12度のチャンピオン経験を持つ#982 成田 亮選手。

3月上旬には成田選手のYoutubeチャンネル「AkiraNarita982 MX Life」で緊急ライブ会見を行い、2020年シーズン限りで現役引退することを発表しました。

そんな成田選手のSNSでは、現役生活のラストイヤーを飾る今季のレースマシンが公開されています。

 

 

マシン仕様などの詳細は分かりませんが、今シーズンはプライベーターとして「Honda Dream Racing N.R.T」より参戦ということで、シュラウド部分には大きくチーム名が表示され、車体の前半分は黒、後ろ半分が赤の特徴的なグラフィックとなっています。

また、成田選手の新しい試みとしてレース活動支援を求めるクラウドファンディングを開始したようです。

ページのプロジェクト本文には、成田選手のラストシーズンに掛ける想いが込められていました。

成田選手のクラウドファンディングページは、以下のリンクより閲覧及びプロジェクトの支援ができます。

 

新型コロナウイルスの影響で開幕戦 九州大会、第2戦 中国大会と開催延期が続いていますが、一日も早いウイルスの終息とレース再開を待ちましょう。

関連ページ:

▼クラウドファンディング開始

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で