日本代表チーム発表 – 2019 モトクロス・オブ・ネイションズ(MXoN)


9月29日に開催される、モトクロス国別対抗レースの2019 モトクロス・オブ・ネイションズ(MXoN)。

昨年のアメリカ大会に続き、今年はオランダのアッセンがレースの舞台です。

各国の代表メンバー発表が続くなか、今年の日本代表チームの発表がありました。

今年のチームジャパンのライダーは以下のとおり。

 

  • #61 成田 亮(MXGP)
  • #62 能塚 智寛(MX2)
  • #63 富田 俊樹(OPEN)

 

監督には芹沢 直樹氏が就任、日本国内外で活躍するホンダのライダーが選出されています。

MXGPクラスには全日本モトクロス選手権のV12チャンピオンで、今シーズンの現在ポイントランキングトップの成田 亮選手。

成田選手のネイションズ出場は2016年に開催されたイタリア大会以来の出場となります。

MX2クラスには今シーズン、ヨーロッパモトクロス選手権 EMX250にチャレンジしていた能塚 智寛選手が選出。

シーズン途中に首の骨の一部に亀裂骨折が見つかり、途中でレースを離脱していましたが、こちらも成田選手と同じく3年ぶりのネイションズ出場となります。

最後にOPENクラスには、今シーズンもAMAモトクロスにシーズンフル参戦していた富田 俊樹選手。

シーズン途中には負傷欠場もありましたが、今年の日本代表の中では昨年の2018年大会にも出場した唯一のライダーであり、国内では今もっとも世界を知っているライダーです。

昨年は惜しくも予選21位で決勝レースに進むことができなかった日本代表チーム、今年こそは決勝進出を目指して頑張ってもらいましょう!

9月のモトクロス・オブ・ネイションズをお楽しみに!

以下、発表会の模様がファンサイトのツイッターにアップされていましたので、シェアしておきます。

 

 

Photo:hondaracingcorporation.com

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で