昨年引退の北原 岳哲選手、オートレース選手候補生として合格


全日本モトクロス選手権IA1クラスで活躍し、2019年シーズン限りで現役引退をしていた北原 岳哲選手に、新たなニュースです。

北原選手のSNSによると、オートレース選手養成所第35期選手候補生として合格したことが報告されています。

ちなみに北原選手は、二輪モータースポーツの成績優秀者に適用される「特例合格者」として合格。

同じく35期選手候補生として、全日本モトクロス選手権レディースクラスに出場していた西 翔子選手の名前も確認できました。

データによると、第35期生の応募者数は337名に対し、合格者は20名で倍率はおよそ17倍の狭き門となりました。

今後は2020年9月から翌年5月までの9ヶ月間を養成期間として過ごし、2021年6月のデビューを目指します。

新しいステージでの活躍を期待しましょう!

関連ページ:

▼オートレース選手養成所第35期選手候補生名簿

(埋め込んだPDFが表示されない場合は、ページの更新(リロード)を試してみてください)

 

Photo:mxee.net

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で