渡辺 祐介選手、新チームで2年目となるAMAモトクロス参戦へ


AMAスーパークロス最終戦から2週間のインターバルを挟み、いよいよ今週末の5月18日(土)に2019シーズンの開幕を迎えるAMAモトクロスシリーズ。

今シーズンも複数名の日本人選手が参戦予定で、ファンにとっては日本人ライダーの活躍も楽しみなところ。

開幕戦を間近に控えて、ヤマハからは今シーズンが2年目の挑戦となる渡辺 祐介選手についてのレースリリースがありました。

 

 

リリースによると、渡辺選手は昨年の所属チームである「3D Racing」から、今シーズンは「CycleTrader/Rock River/Yamaha」より、2019年モデルのYZ250Fを使用して参戦の予定。

また昨年のゼッケンナンバー#101から、今シーズンは#110に変更しているようです。

以下、リリース内の渡辺祐介選手談です。

 


「昨年は、ガチガチに緊張してなにもできなかった開幕戦から、AMA独特のレースフォーマットに少しずつ慣れ、予選突破を続け、決勝ではポイントに手が届くポジションでレースをしてきました。しかし、最後までポイントの獲得には至らず、チャンスを作ってくれたヤマハをはじめ、アドバイザーのダグ・デュバックさん、チームやファンの皆さま、そして自分自身の期待も裏切る結果だったと受け止めています。現在はシーズンの開幕を前にアメリカに拠点を移して準備を進めています。昨シーズンの経験があるため、昨年を超える成績を狙える手応えはありますが、それでも厳しい戦いになることは覚悟しています。経験を自信に変えていきながら、後半にはポイントを確実に獲得し、自分のためにも、これから世界を目指す日本の若手ライダーのためにも、AMAの中で認められるライダーを目指しますので、応援をよろしくお願いします」

引用元:https://global.yamaha-motor.com/jp/race/release/2019/014/


 

シーズンフル参戦の初年度となった昨年は、自身が目標として掲げていたポイント獲得を惜しくも達成することができず、さらにシーズン半ばには練習中に負った負傷により欠場を余儀なくされた渡辺選手。

2年目のチャレンジとなる今シーズンは、ポイント獲得にとどまらず、昨年の富田 俊樹選手のような上位陣に食い込んでくる活躍にも期待したいと思います!

昨年と同様、ヤマハのサイト上には渡辺選手のレース情報を紹介する特設サイトがオープンしていますので、以下にリンクを貼り付けておきます。

関連ページ:

 

 

View this post on Instagram

 

Check this @video_masa

Yu-suke 110さん(@w.yusuke110)がシェアした投稿 –

 

Photo:yamaha-motor

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で