第5戦 東北大会は「延期」から「中止」に – 2020 全日本モトクロス選手権シリーズ


新型コロナウイルスの影響により、シーズン開幕が待たれる2020 全日本モトクロス選手権シリーズから、新たなリリース情報です。

MFJのリリースによると、6月27日、28日に岩手県の藤沢スポーツランドで予定されていた第5戦 東北大会について、当初の「延期」から「中止」となったことが決定したようです。

4月17日にあったリリースでは代替開催の日程・会場の調整が未定としつつも「延期」とされていましたが、今回のリリースでは「日程と運営体制の再調整が困難であるとの結論に至り、止むを得ず本年の開催は、「中止」とさせて頂くことが決定致しました。」と表記されています。

2020年のシリーズ全8戦のうち、現時点で第6戦までが延期または中止となった2020 全日本モトクロス選手権。

国内動向としては全都道府県の緊急事態宣言が解除されたばかりですが、第二波の警戒感も強くある状態で、7月以降のスケジュールにも注目していきたいところです。

なお、今週末にはAMAスーパークロスが無観客でシーズン再開予定です。

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で