米国カワサキからハイエンドモデル「2022 KX450SR」がリリース


米国カワサキからスペシャルレーサーと呼ばれるハイエンドモデル「2022 KX450SR」が発表されました。

これまでにもKTMはファクトリーエディション、ハスクバーナはロックスターエディション、ホンダはワークスエディションと、メーカーによって名称は異なるものの、特別仕様車となるハイエンドモデルが発表されてきた経緯がありますが、カワサキからも限定版として発表となっています。

外観はモンスターエナジー・カワサキレースチームのグラフィック仕様となっており、プロサーキットのTi-6チタンエキゾーストやXTRIGのトリプルクランプ、KYB製のダイヤモンドライクコーティングが施されたフロントサスペンションなど、特別仕様であることがすぐ分かります。

ちなみに標準のKX450が9,499ドル(約106万円)に対し、KX450SRは12,399ドル(約138万円)で、お値段もスペシャルなものに!

日本での発売は無いと思いますが、需要があるアメリカはさすがレース大国といったところでしょうか。

発表に合わせてカワサキ公式のビデオがアップされていましたので、関連ビデオとともに貼り付けておきます。

公式ビデオは Jeremy McGrath(ジェレミー・マクグラス)と Axell Hodges(アクセル・ホッジス)によるライディングです。

▼Built To Win: Introducing the All-New 2022 Limited Edition KX450SR

▼First Look: 2022 Kawasaki KX450SR (Special Racer) – All New Model

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts