能塚 智寛選手、2020年は全日本参戦とIA1へステップアップを表明


2016年の全日本モトクロス選手権 IA2クラスチャンピオンで、2019年はヨーロッパモトクロス選手権 EMX250クラスに参戦していた能塚 智寛選手。

2019年は残念ながら怪我の多いシーズンとなり、シーズン途中には治療に専念しなければなりませんでした。

そんな能塚選手が、2020年に向けての参戦計画を投稿。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

明けましておめでとう御座います。 今年はIA1で全日本モトクロスを走ります。 本年も宜しくお願い致します。

CHIHIRO(@chihiro.n341)がシェアした投稿 –

 

2020年は全日本モトクロス選手権に参戦で、IA1クラスにステップアップを表明!

過去の投稿では「2020は新しい気持ちと体制でレースをしていく」とのコメントもあり、所属チームなどは現時点で不明ですが、全日本モトクロスファンにとっては楽しみなニュースとなりそうです!

また新しい動向が分かればシェアしていきたいと思います!

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で