負傷のロマン・フェーブルに代わり、ディーン・フェリスがMXGP代役参戦へ


2019 モトクロス世界選手権(MXGP) 開幕戦 アルゼンチンGPでのクラッシュにより右足首を骨折、しばらくレースを欠場することとなったヤマハのエース#461 Romain Febvre(ロマン・フェーブル)。

ヤマハからのリリースによると、フェーブルの代役ライダーとしてオーストラリア人の Dean Ferris(ディーン・フェリス)を緊急招集。

第2戦 イギリスGPから第4戦 イタリアGPまでの3戦限定で、フェーブルの代役としてヤマハファクトリーから出場します。

マシンはフェーブルと同様、ファクトリー仕様のYZ450FMで、ゼッケンナンバーは現時点では不明です。

D・フェリスは2018年のオーストラリア選手権チャンピオンで、AMAスーパークロス/モトクロス、世界選手権など多方面で活躍した経験もある28歳のライダー。

2019年はAMAモトクロスへの参戦が予想されています。

関連ページ:

 

Photo:yamaha-racing.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts