開催延期の開幕戦、第2戦の代替予定日を発表 – 2020 全日本モトクロス選手権シリーズ


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、現時点で2020年の開幕戦から第3戦までの開催延期を余儀なくされている2020 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ。

モトクロスのみならず、MFJ主催のロードレースやトライアルなど全日本選手権における全てのカテゴリーで5月までの大会を延期や中止とされています。

そんな中、MFJからは2020年4月6日現在の情報として、一部レースの代替日程が発表されています。

全日本モトクロス選手権としては、

・第1戦 HSR九州大会を11月15日 MFJグランプリにてダブルヘッダーを予定

・第2戦 中国大会を11月1日開催検討中

・第3戦 関東大会は代替日程検討中

との情報がありました。

いずれの情報も感染拡大の状況によっては変更を余儀なくされることが予想されますが、延期や中止などの暗いニュースが続いていた中、久しぶりの明るいニュースとなりそうです。

最終戦の「ダブルヘッダー」の内容も気になるところです。

以下、MFJからのリリースを貼り付けておきます。

(埋め込んだPDFが表示されない場合は、ページの更新(リロード)を試してみてください)

 

▼2020全日本選手権シリーズ状況

GDE Error: Error retrieving file - if necessary turn off error checking (404:Not Found)

 

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で