AMAスーパークロスにもコロナウイルスの影響 – 第13戦 シアトルもキャンセルへ


WHOから「パンデミック」宣言がなされた新型コロナウイルス感染症について、全日本モトクロス選手権やモトクロス世界選手権のレース中止や延期の発表が続くなか、現在シーズン真っ只中のAMAスーパークロスにも影響です。

AMAスーパークロスの主催者であるフェルドエンターテイメントのリリースによると、3月28日(土)に開催を予定されていた2020 AMAスーパークロス 第13戦 シアトルを「中止」とすることを発表。

これは現地時間の11日、シアトルを含むワシントン州のジェイ・インズリー知事が250人以上が集まるイベントの制限を発表したことによるもの。

シアトルではスーパークロスに限らず、数々のスポーツや文化イベントの中止が発表されています。

第13戦の代替開催がどこで、いつとなるのかは未定とのようで、改めてリリースがあるようです。

ちなみに今週末の第11戦 インディアナポリス、3月21日(土)開催予定の第12戦 デトロイトは、現在のところ予定通り開催の見込みです。

ただし、各メーカーで行われているイベントやサイン会等は中止となるようで、ある程度の制限の元で開催されるようです。

更新情報がありましたら、またアップしたいと思います。

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で