IA1クラス予選「レース形式」復活ほか – MFJ、2019モトクロス競技会の開催・運用について


MFJの公式サイトより、2019年に開催される全日本モトクロス選手権及び地方選手権に適用される規則の主な変更点が発表されました。

発表された主な変更点は以下のとおり。

(埋め込んだPDFが表示されない場合は、ページの更新(リロード)を試してみてください)

 

▼2019モトクロス競技会の開催・運用について(2018.12.28)

 

全日本モトクロス選手権においては、IAクラスのゼッケンカラーが従来の「赤地に白文字」から「白地に黒文字」に変更。

IA1、IA2クラスともにポイントリーダーのみ「赤地に白文字」のゼッケンを装着することになります。

それから「ヒートレースごとの暫定表彰式」採用と、IA1クラスの予選はタイムアタック形式から「レース形式」に変更されています。

最後に、今月中旬に正式リリースされたエキジビジョンレース「2st125cc クラス」についても、7/6の第4戦 SUGO大会、9/14の第6戦 近畿大会の2回開催が明記されています。

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts