IA1クラス長門 健一選手、最終戦MFJ-GP(SUGO)をラストレース宣言


今週末の10月26日(土)、27日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される、2019 全日本モトクロス選手権 第8戦(最終戦) MFJ-GP。

開催を前にIA1クラスで活躍する#23 長門 健一選手(Team Sakurai with Waki Racing)が、この最終戦をラストレースとする投稿がありました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

今週末は全日本モトクロス選手権最終戦! 4歳からモトクロスを始め、18歳から全日本フル参戦、20年間競技を続けさせてもらってきました。 4月に始まり10月末に最終戦。これが当たり前でした。それが僕の人生でした。しかし今週末でラストになります。 全日本前最後の練習、最後の準備、最後の積み込み。一つ一つの行動に色んな思いが込み上げてきました。僕1人では決して何も出来なかった。 最後は楽しもうとか、そんなのは要らない。 最後もホールショット そしてベストリザルト更新!

Nagato Kenichi(@nagato5)がシェアした投稿 –

 

長門選手は2015年にIBオープンクラスでチャンピオンを獲得し、翌年IAクラスに昇格。

IA昇格後、しばらくはIA2クラスに参戦するライダーがほとんどの中、長門選手は昇格後すぐにIA1クラスに参戦していました。

コメントを読むと、長門選手の地元である広島県で開催の中国大会にはスポット参戦の可能性もあるとのこと。

今週末の最終戦、長門選手のベストリザルト更新を期待しましょう!

関連ページ:

Photo:mxee.net

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で