アントニオ・カイローリ、2021年もKTMより世界選手権参戦へ


モトクロス世界選手権(MXGP)に出場するKTMのファクトリーチーム「Red Bull KTM Factory Racing」から、来シーズンのリリース情報です。

プレスリリースによると、世界選手権V9王者の#222 Antonio Cairoli(アントニオ・カイローリ)と、2021年シーズンも参戦することで合意したことを発表。

カイローリにとっては2021年で18シーズン目、KTMファクトリーからは12シーズン目の参戦となります。

 

 

レッドブルKTMは、2021年も#61 Jorge Prado(ホルヘ・プラド)、#84 Jeffrey Herlings(ジェフリー・ハーリングス)、そしてカイローリの3人全てがチャンピオン経験者という最強の布陣で臨むことになります。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で中断しているMXGPですが、再開は本記事投稿時点で8月9日のラトビアGPが予定されています。

再開をお楽しみに。

© KTM Images

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で