ジェレミー・シーワーの参戦決定 – 全日本モトクロス選手権 最終戦 MFJ-GP(SUGO)


10月28日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される、2018 全日本モトクロス選手権 最終戦 MFJ-GP。

恒例となった海外からの招待ライダーについて、ヤマハより追加でリリースがありました。

以下、ヤマハからのリリース情報です。

 


全日本モトクロス選手権 世界選手権MXGPトップライダーのジェレミー・シーワー選手がMFJGPに出場

2018年10月9日

 

2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOにて決勝が行われる、全日本モトクロス選手権・第9戦MFJGPに、今シーズン、モトクロス世界選手権の最高峰クラスMXGPでランキング8位を獲得したジェレミー・シーワー選手が、「Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team」からYZ450FでIA1に出場します。
ヤマハ発動機株式会社は、シーワー選手のMFJGP出場をサポートし、全日本選手権を盛り上げるとともに、国内モトクロッサー市場の活性化を目指します。

シーワー選手は、2014シーズンから世界選手権MX2への参戦を開始、この4シーズンでは通算5回の総合優勝、トータル26回の表彰台を獲得し、2016・2017シーズンには2年連続でランキング2位となりました。2018シーズンは、当社グループ企業であるYamaha Motor Europe N.V.のオフィシャルチーム「Wilvo Yamaha Official MXGP Team」に加入し、MXGP参戦をスタート。ルーキーながらコンスタントに総合10位以内に入り、特にシーズン後半の第11・15・18戦では総合6位を獲得するなど、ランキング8位となりました。
この活躍から、2019シーズンは「Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team」のレギュラーライダーとしてMXGPに参戦する予定です。

 

ジェレミー・シーワー選手談

「MFJGPに出場できることをとても楽しみにしています。YZ450Fで初めてMXGPに臨んだシーズンを終えましたが、また日本という特別な場所でレースができることはとてもすばらしく、こうした機会を与えてくれたヤマハには感謝しています。MFJGPではより多くのヤマハ・ファミリーと出会い、ファンと触れ合い、さらには新しいファンが増えるよう期待しています。具体的な目標はまだ見えていませんが、多くを考えず、この新しい経験をエンジョイしたいと思います」

 

引用元URL:https://global.yamaha-motor.com/jp/race/release/2018/033/


 

先日ホンダからは Tim Gajser(ティム・ガイザー)選手、富田 俊樹選手らの参戦が発表されたばかり。

最終戦はますます注目が集まりそうです。

関連ページ:

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts