一段を上を目指すキッズに – 2022 KTM 50SX ファクトリーエディション登場


KTMのキッズ向けモトクロッサー 50SXにファクトリー仕様のモデル「KTM 50 SX FACTORY EDITION 2022」が登場。

アメリカで開催中の全米アマチュア選手権ロレッタリンにあわせて発表されています。

KTMといえば、これまでファクトリーライダーであるCooper Webb(クーパー・ウェッブ)、Antonio Cairoli(アントニオ・カイローリ)、Jorge Prado(ホルヘ・プラド)らのファクトリーマシンをイメージした、フルサイズのファクトリーエディションがありましたが、今回初めてキッズモデルでのファクトリーエディションをリリース。

2022 KTM50SXファクトリーエディションのハイライトは以下のとおり。

・特別なFACTORY EDITION のグラフィック
・FMFパイプ
・FMFマフラー
・青色のグリッパーシート
・小型のリアスプロケット
・CNCクラッチカバー
・CNCイグニッションカバー
・改良されたジェッティング
・特殊クラッチ構成
・グレーグリップ
・オレンジ色のインサート付きチェーンガイド
・ダンロップ Geomax MX53タイヤ

 

その他、最先端のWP製サスペンションや最高級ブレーキの搭載など、各所に細かく特別仕様が散りばめられており、フルサイズのファクトリーエディションに引けを取らない特別仕様の一台となっています。

発売は8月から。ワンランク上を目指すキッズにいかがでしょうか?

Photo:press.ktm.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts