KTM、クーパー・ウェッブ車をイメージした450SX-F ファクトリーエディションを発表


今シーズン、FIMモトクロスやAMAスーパークロスといった世界選手権の場でタイトルを獲得したKTMから、特別仕様のファクトリーエディションがまたもやリリースに。

今年10月にはモトクロス世界選手権MX2クラスで2連覇を達成した#61 Jorge Prado(ホルヘ・プラド)の250ccモデルと、今シーズンは負傷欠場が続いた#222 Antonio Cairoli(アントニオ・カイローリ)の450ccの2モデルのファクトリーエディションをリリースしていたKTMですが、来年年明けのAMAスーパークロス開幕を前に、昨年のスーパークロスチャンピオンである#2 Cooper Webb(クーパー・ウェッブ)モデルを今回発表。

カイローリモデルと比較しても、さほど見た目の違いはありませんが、ウェッブモデルではAKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)製サイレンサーの採用、ホールショットデバイスの装備といったところが見た目で分かる違いでしょうか。

こちらも日本での発売は未確認ですが、2020年1月より発売開始となる予定です。

以下、2020 KTM 450 SX-F FACTORY EDITIONのイメージギャラリーです。

 

▼2020 KTM 450 SX-F FACTORY EDITION(Cooper Webb)

関連ページ:

Photo:media.ktm.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で